【Identity V(アイデンティティ)】ハンター「復讐者」が大幅に上方修正!パペットや自分の分身が動き出す【攻略 第5人格】スマホゲーム・アプリ

復讐者

スマートフォン向けゲームアプリ「Identity V(アイデンティティ)」のハンター「復讐者」の大幅に上方修正された内容まとめです。

※中国版の情報も含まれています。公式から出ている情報やネットに出ている情報をまとめたものになりますので、名称や内容が異なる場合があります。

中国版「復讐者」が大幅に上方修正

中国版で復讐者に大幅な上方修正が入りました。

日本版にもそう遠くない内に実装されるのではないかと予想されます。

新たな外在特質

元々レオには外在特質がなかったのですが、新たに「怨魂獄火」というスキルが追加されました。

炎のような形をしていて、サバイバーが近くにいたり、暗号解読が完了すると溜まっていきます。

外在特質の使用方法

炎が1つ溜まったあと、マークをタップすると自分の分身を生み出すことができます。

サバイバーを攻撃したり、倒した板を破壊してくれます。

これは存在感がたまってなくても使用でき、時間が経つと消えてしまうので注意してください。

板でぐるぐるされた場合に挟み撃ちするのに使うのがおすすめです。

もう一つ使用方法があり、存在感がたまった後に使えるパペットにも炎を1つ消費して魂を入れることができます。

分身と同じくサバイバーを攻撃したり、倒れた板を破壊してくれます。

分身と違う点は、サバイバーがパペットを破壊するまで継続して動けることです。

それに加え、いままでのパペットの能力もそのまま残っているので、索敵したり、配置を交換したり、パペットを投げることも可能です。

パペットを普通に置いておいて、あとで魂を入れることもできます。

おすすめの使い方

炎と存在感がたまったら、その場に動くパペットを召喚するのも良いと思いますが、自分と反対方向や暗号解読されてそうな場所に投げて召喚するのがおすすめです。

もし自分が誰も追いかけていなかった場合はパペットと配置を交換したり、追いかけていたらパペットにそのまま任せておいても良いでしょう。

他にも、サバイバーをロケットチェアに縛り付けた後、ロケットチェアの前に置いておき、自分は違うところに行ってサバイバーを追いかけつつパペットが反応したら炎を入れるのもおすすめです。

復讐者パペットの対策方法

分身は消えてしまうので、とにかく消えるまで逃げましょう。

レオ本体と一緒の攻撃の仕方で、必ず当たるものでもないので、旋回して後ろに周ったり避けたりすると攻撃が当たらない場合があります。

パペットの場合は追いかけられたら解体しましょう。

解体方法はパペットが板を破壊している時、パペットが攻撃した後、パペットに近づいて下の方を押すことでスパナマークが押せます。

近づいてパペット破壊できますが、難しいので最初は板を破壊している時にやると良いでしょう。

解体時間が長く、パペットを破壊していると大体本体が来るので、他のサバイバーが追いかけられてて、パペットを見かけたら壊しておくのもおすすめです。

Identity Vってどんなゲーム?

4人のサバイバーと1人のハンターに分かれて戦う非対称型マルチプレイゲームです。

Identity Ⅴは「Dead by Daylight」の開発元のBehaviour Digitalとの提携を発表しており、ゲームシステムがとても似ているので、Dead by Daylightが好きな方におすすめ。

ゲームシステム

プレイヤーは「サバイバー」か「ハンター」を選びます。

サバイバーは最大4人で無事生存して脱出すると勝利になり、ハンターは最大1人でサバイバーを捕まえて脱出を阻止すると勝利です。

サバイバーとハンターにはそれぞれ特殊能力があり、能力を駆使して勝利を目指します。

(C)2018 NetEaseInc.All Rights Reserved.