【Identity V(アイデンティティ)】サバイバー「幸運児」の特徴と立ち回り方法【攻略 第5人格】スマホゲーム・アプリ

第五人格

スマートフォン向けゲームアプリ「Identity V(アイデンティティ)」のサバイバー「幸運児」の特徴と立ち回り方法です。

幸運児の特徴

サバイバーの情報

推理スタント

名前 推理スタント

サバイバーの外在特質

特質 効果
幸運児幸運児 何も持たない人間が生き抜くには、
当然運に頼るしかない
荘園旧友荘園旧友 毎回攻撃を受ける度に獲得する加速時間の伸びが2秒

幸運児の立ち回り

幸運児は、特に特殊能力もないので、上級者向けのサバイバーになります。

また、能力を持ってないからこそ、非常にさまざまな立ち回りができます。

チェイスが得意な方はチェイス系の人格をとり、プレイスタイルが隠密行動な人は隠密系の人格を取りましょう。

幸運児のおすすめ天賦(内在人格の網)

チェイス系幸運児

膝蓋腱反射膝蓋腱反射 板を乗り越えた後、ダッシュすると
移動速度が30%/40%/50%↑
持続時間3秒で、クールタイム60/50/40秒
割れ窓理論割れ窓理論 窓を乗り越えたあと、ダッシュすると
移動速度が50%↑
持続時間は3秒で、クールタイム40秒

チェイス系の幸運児の人は、板・窓を乗り越える機会が多いため「膝蓋腱反射」や「割れ窓理論」がおすすめです。

クールタイムがあり、連続で使うことができないので注意が必要です。

隠密系幸運児

自らを欺く自らを欺く
暗号機解読で感電しても
50%/75%/100%の確率でハンターに気付かれない
転禍為福転禍為福 サバイバーが暗号機解読中に感電した時
ハンターの位置を3/5/7秒表示

隠密系の幸運児の人は、ハンターに見つからないようにするため「自らを欺く」と「転禍為福」のコンボがかなり強力です。

ハンターの位置が知りたい時は、暗号機解読をわざとミスさせて、ハンター位置を把握すると良いでしょう。

Identity Vってどんなゲーム?

4人のサバイバーと1人のハンターに分かれて戦う非対称型マルチプレイゲームです。

Identity Ⅴは「Dead by Daylight」の開発元のBehaviour Digitalとの提携を発表しており、ゲームシステムがとても似ているので、Dead by Daylightが好きな方におすすめ。

ゲームシステム

プレイヤーは「サバイバー」か「ハンター」を選びます。

サバイバーは最大4人で無事生存して脱出すると勝利になり、ハンターは最大1人でサバイバーを捕まえて脱出を阻止すると勝利です。

サバイバーとハンターにはそれぞれ特殊能力があり、能力を駆使して勝利を目指します。

最後に


アイデンティティをプレイした人がやっている、他のスマホゲーム「キングスレイド」や「グランドサマナーズ」もおすすめです。

アイデンティティは、非対称型マルチプレイゲームと一風変わったジャンルですが、デットバイデイライトと非常に良く似ています。

このクオリティのスマホゲームが無料でプレイできるのは、本当にすごいと思ったので是非ゲームスタートしてみてください!

(C)2018 NetEaseInc.All Rights Reserved.