【Identity V(アイデンティティ)】サバイバー「空軍」の特徴と立ち回り方法【攻略 第5人格】スマホゲーム・アプリ

第五人格

スマートフォン向けゲームアプリ「Identity V(アイデンティティ)」のサバイバー「空軍」の特徴と立ち回り方法です。

空軍の特徴

サバイバーの情報

マーサ・ベハムフィール

名前 マーサ・ベハムフィール

サバイバーの外在特質

特質 効果
精確打撃精確打撃 信号銃を携帯し、ハンターに命中で気絶時間が30%↑
頑強頑強 ロケットチェアでの耐久30%↑
仲間思い仲間思い 仲間が拘束されている時、暗号解読速度と開門速度が60%↓
長期訓練長期訓練 板・窓の操作速度が10%↑

空軍の立ち回り

空軍はゲーム開始時から「信号銃」を携帯しており、ハンターに命中させて気絶させることができます。

近くにハンターがいれば狙わなくても必ず当たるので、確定で気絶させることができますが、1発しか撃てません

そのため、当てるタイミングや使いどころが重要になってきます。

信号銃を使い切ってしまったあとは箱を開けて、なんでもいいのでアイテムを拾うとよいでしょう。

更に、空軍は「仲間思い」の特質のせいで仲間が拘束されると暗号解読速度と開門速度がかなり下がります。

信号銃はかなり大きな戦力になりますが、デメリットも大きいので初心者には不向きなサバイバーです。

空軍のおすすめ天賦(内在人格の網)

危機一髪危機一髪 仲間をチェアから救出すると自身とその仲間が30秒間無敵
ダウンしないが治療も受けられない
無敵中の負傷は効果が終わる瞬間有効
1試合1度のみ発動
かすかな音かすかな音 他のサバイバーがロケットチェアに拘束されている時
ロケットチェアの半径18m以内では足跡が残らない
火中の栗火中の栗 ロケットチェアから救出する速度40%↑
膝蓋腱反射膝蓋腱反射 板を乗り越えた後、ダッシュすると
移動速度が30%/40%/50%↑
持続時間3秒で、クールタイム60/50/40秒
割れ窓理論割れ窓理論 窓を乗り越えたあと、ダッシュすると
移動速度が50%↑
持続時間は3秒で、クールタイム40秒

仲間を救出したあとすぐに吊られないように自身と仲間を無敵にする「危機一髪」をいれておくとよいでしょう。

救出したあとは狙われる可能性も高いので、板・窓を乗り越えたあとのダッシュ速度をあげる「膝蓋腱反射」「割れ窓理論」をいれるのもおすすめです。

【PR】新作ゲーム

Identity Vってどんなゲーム?

4人のサバイバーと1人のハンターに分かれて戦う非対称型マルチプレイゲームです。

Identity Ⅴは「Dead by Daylight」の開発元のBehaviour Digitalとの提携を発表しており、ゲームシステムがとても似ているので、Dead by Daylightが好きな方におすすめ。

ゲームシステム

プレイヤーは「サバイバー」か「ハンター」を選びます。

サバイバーは最大4人で無事生存して脱出すると勝利になり、ハンターは最大1人でサバイバーを捕まえて脱出を阻止すると勝利です。

サバイバーとハンターにはそれぞれ特殊能力があり、能力を駆使して勝利を目指します。

(C)2018 NetEaseInc.All Rights Reserved.