【Identity V(アイデンティティ)】サバイバー「オフェンス」の特徴と立ち回り方法【攻略 第5人格】スマホゲーム・アプリ

オフェンス

スマートフォン向けゲームアプリ「Identity V(アイデンティティ)」のサバイバー「オフェンス」の特徴と立ち回り方法です。

オフェンスの特徴

サバイバーの情報

ウィリアム・エリス

名前 ウィリアム・エリス

サバイバーの外在特質

特質 効果
ラグビーラグビー ラグビーボールを携帯し、使用時には素早くダッシュし、
力尽きると気絶状態になる
オフェンスダッシュでハンターを突き飛ばすことができる
運動天賦運動天賦 板を乗り越える速度5%↑
板を倒す速度50%↑
気絶状態にさせたハンターの回復時間15%↑
機械マスター 機械音痴機械音痴 暗号機解読速度30%↓
強い抵抗強い抵抗 風船に縛られた時、抵抗して脱出しやすく、抵抗速度が10%↑

オフェンスの立ち回り

オフェンスはハンターを引き付けたり、味方を助けるのに向いているサバイバーです。

スタートからラグビーボールを持っていて、ハンターに突進してハンターを壁に当てることによって気絶させることができます。

仲間が風船にくくりつけられてるときに気絶させると、サバイバーを助けることができるので成功すると大きいです。

ハンターの引き付け役といっても、オフェンスよりも他のサバイバーを優先するハンターもいるので、わざわざハンターを探さなくても良いでしょう。

基本暗号解読して、仲間が捕まってしまったり、危ない時に助けに行く立ち回りがおすすめです。

強いキャラですが操作やチェイスに慣れていないと難しいので、初心者には不向きのサバイバーです。

オフェンスのおすすめ天賦(内在人格の網)

危機一髪危機一髪 仲間をチェアから救出すると自身とその仲間が30秒間無敵
ダウンしないが治療も受けられない
無敵中の負傷は効果が終わる瞬間有効
1試合1度のみ発動
怪力怪力 巨大な力で木の板をハンターに命中させたあと
ハンターの気絶回復速度が10%/15%/20%↓
膝蓋腱反射膝蓋腱反射 板を乗り越えた後、ダッシュすると
移動速度が30%/40%/50%↑
持続時間3秒で、クールタイム60/50/40秒
割れ窓理論割れ窓理論 窓を乗り越えたあと、ダッシュすると
移動速度が50%↑
持続時間は3秒で、クールタイム40秒

オフェンスは暗号機解読が苦手なため、逃げることや仲間のサバイバーを助ける天賦に振っていくのがおすすめです。

チェイス時に逃げやすいように「膝蓋腱反射」や「割れ窓理論」をいれて、木の板をハンターに当てられるようになってきたら「怪力」を使うと時間を稼げるでしょう。

「危機一髪」は仲間を救助する際にかなり強いので一度しか使えませんが、とっておくと便利です。

Identity Vってどんなゲーム?

4人のサバイバーと1人のハンターに分かれて戦う非対称型マルチプレイゲームです。

Identity Ⅴは「Dead by Daylight」の開発元のBehaviour Digitalとの提携を発表しており、ゲームシステムがとても似ているので、Dead by Daylightが好きな方におすすめ。

ゲームシステム

プレイヤーは「サバイバー」か「ハンター」を選びます。

サバイバーは最大4人で無事生存して脱出すると勝利になり、ハンターは最大1人でサバイバーを捕まえて脱出を阻止すると勝利です。

サバイバーとハンターにはそれぞれ特殊能力があり、能力を駆使して勝利を目指します。

(C)2018 NetEaseInc.All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。