【One Hour One Life 攻略】初心者におすすめ序盤の進め方・食料・レシピ一覧【スマホゲーム・アプリ】

One Hour One Life for Mobile

スマートフォン向けゲームアプリ「One Hour One Life for Mobile」の初心者におすすめ序盤の進め方・食料・レシピについてまとめています。ゲームを始めたばかりの方や序盤なにをしたら良いのかわからない方は参考にしてください。

One Hour One Life for Mobileの序盤攻略/食料ゲージ

「One Hour One Life」の攻略において、食料ゲージは非常に重要なポイントになります。

画面上部に表示されている食料ゲージは、時間経過で徐々に減っていき、食料を食べることで回復します。

こちらのゲージは0になると「飢餓」で死亡し、ゲームオーバーとなってしまいます。

序盤は生き残るために、食料ゲージを0にしないように注意しながら、ゲームを進めていくと良いでしょう。

※食料ゲージの最大値は年齢によって増減します。

生まれ方の違い

ゲームをスタートすると、プレイヤーは二通りの生まれ方をします。

生まれ方によって、ゲームの進め方は変わってくるので、その点も注意しながら攻略していきましょう。

イブとして生まれた場合

生まれた瞬間に14歳から始まり、食料ゲージの最大は18(満腹状態)からスタートします。

30秒後に+1され、さらに1分20秒後頃に+1されて、それから成長しなくなります。

※最大値は20です。

子供として生まれた場合

生まれた瞬間は0歳から始まり、最大食料ゲージは4からスタートします。

その後、生みの親である母親に育てられることとなるので、3歳までは母乳をもらい育っていくこととなるでしょう。

One Hour One Life for Mobileの食料一覧

野生で入手可能

食べ物があるのに餓死するようなことが無いように、何が食べられるものかを覚えておきましょう。

下記は、畑が無い序盤や遠征中でも入手可能な、野生で食べれる食料になります。

また、ゴボウと野生ニンジンを収穫するには鋭い石が必要です。

名前 回復量 使用回数 入手場所
スグリ 5 7 草原/栽培
野生タマネギ 6 1 草原
ゴボウ 9 1 草原
サボテンの実 10 1 砂漠
野生ニンジン 7 1 牧草地

栽培作物

栽培作物は畑で栽培し、そのままor道具一つのみで火を使わずに食べられるものになります。

上記の野生で入手可能な食料よりも、料理して食べた方が効率が良いので、そのまま食べるのは緊急時以外は避けると良いでしょう。

名前 回復量 使用回数 入手方法
ニンジン 7 1 素手
スグリ入りのボウル 5 6 スグリ→ボウル
さやを取ったトウモロコシ 3 1 鋭い石/火打ち小石/ナイフ→トウモロコシ
緑豆入りのボウル 2 6 ボウル→緑豆の木
シビレタケ 3 1 素手

料理

※原材料はボウルや皿などの道具と水を除いています。

名前 回復量 使用回数 原材料
オムレツ 17 1 冷たいガンの卵
パイ 7~18 4 小麦、羊肉/ウサギ/ニンジン/スグリ
3姉妹のシチュー 12 2 かぼちゃ、豆、トウモロコシ
パン 6 1 小麦
調理済みウサギ 8 1 ウサギ
調理済みヒツジ肉 10 1 ヒツジ肉
ポップコーン 4 4 とうもろこし
全乳入りのボウル 12 1 牛乳
脱脂乳入りのボウル 6 1 牛乳
バターパン 10 1 小麦、牛乳
ベークドポテト 4 2 ジャガイモ
豆のブリトー 17 1 小麦、豆
タコス 10~15 1 とうもろこし、石灰岩、豆/豚肉
ザウアークラウト入りのボウル 6 2 キャベツ、塩

【PR】新作ゲーム

One Hour One Life for Mobileの事前情報

One Hour One Life for Mobileってどんなゲーム?

かわいくて風変わりなグラフィックスとサウンドの育成シミュレーションゲームです。

他のプレイヤーと一緒に、いくつもの世代に渡って文明を一から築くというシステムのゲームです。

「One Hour One Life」では、他のプレイヤーの赤ん坊として誕生することもあれば、ぴったりの母親が見つからない場合は若い女性として誕生することもあります。

リアルタイムの1分はゲーム内で1年、最高年齢は60歳です。

1つの命は限られていますが、生きている間に作ったものは、あなたが亡くなった後も子供や孫の世代に引き継がれていきます。

子孫の人生をを少しでも楽にしてあげましょう。そうすることで、何世代続く家系となる可能性が高まるかもしれません。

リセマラはできる?ガチャ予想

「One Hour One Life for Mobile」は、一風変わった育成シミュレーション・サバイバルゲームなのでリセマラの必要はないでしょう。

また、ゲーム内での1年はリアルタイムでの1分になり、最高年齢は60歳でその生涯を終えるので、リセマラせずに何回もゲームスタートすることになるでしょう。

ゲームシステム・特徴

荒れ地に一人でスポーンすることもあり、火を起こして体を温め、肉と服の毛皮のためにウサギを罠にかける必要などもあります。

序盤は「とがった石」こそ手放せない友達となり、住んで食べ物を育てるためにぴったりな場所を見つけましょう。

あなたの子供としてもうすぐやって来る他のプレイヤーが、大きくなってあなたを手伝えるまで面倒をみましょう。

不規則に広がる街に生まれて、農民、料理人、鍛冶師、羊飼いや狩人と一緒に生活することもあります。

そこでは、あなたの祖父母や遠い親戚にあたる他のプレイヤーによって、服と装備があなたのために準備されているでしょう。

友達を集めて新しい居留地を始めに行ったり、おじから農場を受け継いだり、熊や狼を狩ったりするかもしれません。

また、ゲーム内の人生が終わったら、家系図を見て、子孫の繁栄具合を確認できます。

大人になるまで生き残ることができた若い家族や、おなた以降の新しい世代にあなたの助けが生きているのを見て、誇りを感じることができるはずです。

(C) Dual Decade